釧路・根室・道東の注文住宅 無結露の頑丈な100年住宅 FPの家を見に行くなら赤石建設株式会社

家づくりのご相談窓口
FPウレタン断熱パネルは卓越した強度を実現
 「FPの家」は断熱性・気密性の高い硬質ウレタンと木枠パネルを一体成形したウレタン断熱パネルを建物の躯体に組み込むことにより、壁の強度を補強する効果も持っています。
建物には垂直荷重と風圧や地震などの外力による水平力(せん断力)がかかります。ツーバイフォー工法は壁面を一体のパネルとして施工するため、それらの外力が壁全面に分散され、耐久力が増します。
「FPの家」はこの壁面に硬質ウレタンを注入発泡し一体成形しているため一般のツーバイフォー工法をより上回る強度を実現しています。

耐震実験で実証された「FPの家」の頑丈構造
 日ごろから地震に強い家づくりに取り組んでいる「FPの家」では、その強さを証明するために、専門機関において耐震実験を行っています。実験では実物大の建物にさまざまな振動を与え、FPパネルを使用した場合と使用しない場合での、建物に表れる影響の違いを比較しました。その結果、阪神・淡路大震災を再現した振動や、実験用に作られたさらに強い振動を与えても、FPパネルを用いた建物にはほとんど影響がなかったのに対し、FPパネルを用いない建物は構造体に大きな亀裂が生じるなど著しい損傷が見られました。これらの実験を通して、「FPの家」が地震にきわめて強いことが実証されたのです。
地震力・風圧力から家を守る箱型の構造。
 住まいには建物自体の荷重による継続的な力と地震や台風などの災害による瞬発的な外力がかかります。こうした外力に耐えるためツーバイフォー工法の「FPの家」は構造用面材を用いた耐力壁で箱型の構造としています。構造自体の剛性を高めることは地震などの災害にも強いだけでなく、長期的な耐久性も向上させ住まいの資産価値を高めることにもつながっているのです。